DFWのファンデーション問題

アパートにお住いの人には縁のない話でしょうが、マイホームをお持ちの人や家を購入することを考えている人にとっては、ダラス/フォートワースエリアの家の土台(ファンデーション)が動きやすいということは、時に深刻な問題です。

家のファンデーションが動く理由は、北テキサスの土壌に収縮の激しい粘土質の成分が多く含まれているからです。家の土台を支えている土は、粘土のように乾くと縮んでひび割れし、水分を含むと膨らんで大きくなります。

季節によって、ドアの閉まりが悪くなったり壁のひびが開いたり閉じたりすることはありませんか?冬から春にかけての雨の多い時期には、土に水分量が多く含まれて膨張し、夏の日照りが続く時期には、土はカラカラに乾燥して縮みます。この収縮と膨張の繰り返しによって、季節的にファンデーションが少し上がったり下がったりすることがあります。

庭の水まきをしていても、大きな木がファンデーションの近くにあると、根っこが水分を吸収し土の水分を奪ってしまいます。乾いた土は縮むので、放っておくとそのエリアのファンデーションが沈んでしまいます。水分不足で沈んだファンデーションは、人為的に持ち上げて直すことができます。

反対に、水分が多すぎるのも問題です。粘土質の土は、水分を排水できずその場にたまる傾向があります。家のファンデーションの近くで長い間水がたまっていると、土が膨張したままの状態が続きます。それによって、ファンデーションが持ち上げられHeaveという現象が起きます。残念ながら、もり上がったファンデーションを下げることは大変困難です。

DFWの家のファンデーションは、以前問題があった、今ある、これから起こる、と3種類に分類されると言われるほど身近な問題です。ファンデーションの動きを最小限に保つには、Soaker hoseを使うなどして、年間を通して家の周りの土の水分量を一定に保つことが大切です。

 

Advertisements