家庭の節電対策

暑さが厳しいダラスでは、夏の電気代が気になります。節電したいけれど、どんな方法が効果的なのかわからないという方もいるでしょう。そこで、夏に限らず、効果的にできる節電対策をご紹介します。

  1. 電力会社と電気料金プランを見直す:テキサスの電気は自由化されているので、多くの電力会社の様々なプランから選ぶことができます。(CoServエリアのように、電力会社を選べない地域も一部あります。)まずは、今契約している電気料金プランのkWhあたりのレートと、ご家庭の電気使用量をチェックしてください。例えば、家にいることが少ない単身赴任者が、電気使用量が多いほどお得なレートプランに入っているかもしれません。ライフスタイルに合うレートプランに切り替えるだけで電気代が安くなりますので、定期的にプランを見直してください。電力会社とプランの比較には、このウェブサイトをご利用ください。http://powertochoose.org/
  2. 照明器具をLED照明にする:LEDは消費電力が非常に少ないため電気代がお得になります。LED電球の単価は白熱電球より高いですが、何倍も長持ちしますし節電効果が高いので、LEDの方がお得です。
  3. 古い家電を買い替える:古い家電を使っている場合は、最新の省エネ家電への買い替えで電気代を大きく節約できます。買い替えによる節電効果が高いものは、エアコン、洗濯機、冷蔵庫です。
  4. エアコンは自動運転にする:エアコンの冷房は、室内の温度を設定温度に下げるまでの間が一番電気を使います。一度室温を下げたらそのままの温度を自動運転で保っているほうが電気代を節約できますので、自動運転が効率的な運転方法となります。
  5. シーリングファンを付ける:天井に取り付けるシーリングファンは。暑さを緩和するのに効果的です。エアコンをつける時にシーリングファンや扇風機を一緒に回すと、涼しさを感じやすくなり設定温度を上げることが可能になります。
  6. エアコンのフィルターを定期的に交換する:エアコンのフィルターが汚れて目詰まりしていると、効率が悪くなり余分な電気代がかかるだけでなく、故障の原因になります。季節ごとにフィルターを交換しましょう。
  7. 電源や電気をこまめに切る:テレビを見ない時は電源を切りましょう。LED ランプはつけっぱなしでもいいですが、白熱電球と蛍光ランプをお使いの場合、人のいない部屋の照明はこまめに消灯するなどし、点灯時間をできるだけ短くするよう心掛けましょう。