冬の水道管凍結注意

 

ダラスの冬に気を付けたいのが水道管の凍結です。まさかダラスで?と思う人もいらっしゃるでしょうが、実際に私の近所の家の水道管が凍って破裂して大きな被害にあいましたので、気温が氷点下になる時にはご注意ください。アパートやコミュニティーの入り口で、Freeze Warning のサインを見かけますが、それは水道管が凍らないように気を付けましょうという警告です。暖房をつけていても、ガレージの上や横のバスルームやランドリールームは比較的寒いですし、家の北側の壁の中を通る水道管は凍りやすいので、どの部屋にも暖房が入るようにしてください。シンクの下のキャビネットの扉を開けっぱなしにしておくのも良いアイデアです。また、水がゆっくりポタポタ落ちるよう、蛇口を少しだけ開けておくと、水の流れができるので凍りにくいです。旅行などで家を空ける時は、ヒーターを55度以上に設定することをお勧めします。

家の外も冬のケアが必要です。庭の蛇口につながったままのホースを外し、蛇口にカバーをしてください。蛇口カバーは3ドル程度でホームセンターで購入できます。スプリンクラーは、気温が氷点下の時にまわすと故障の原因になりますし、通りや歩道が氷結する危険がありますので、暖かくなるまでタイマーをオフにしてください。冬の間、芝生は枯れて休眠しますので、定期的に水まきをする必要はありません。水まきについてのアドバイスは、各市の水道局のホームページをご参考になってください。

 

 

 

 

 

Advertisements