スプリング・クリーニング

日本では、大掃除といえば年末ですが、欧米ではスプリング・クリーニングといって、春に大掃除をするのが一般的です。もともとは、暖房石炭などを利用したことによって、すすや灰などで汚れた家を春になって暖房を必要としなくなった頃を見計らって大掃除するという、欧米の昔からの習慣です。実は、このスプリング・クリーニングは私たちの生活にぴったり!最近では、日本でも注目されています。

    年末の大掃除は、一年の汚れを落として新しい年に備える大切な行事の一つですが、とにかく忙しい年末に、家の隅々まで掃除をする時間がないのが現実です。その点、春は気持ちにも時間にも余裕がありますし、自分の都合のいい日や天気の良い週末を選んで大掃除をすることができます。また、12月の寒い時期に窓を開けて掃除をしたり水仕事をするのはつらいですが、春は気温が高くなって水回りや家の外回りの掃除をしやすいのも大きなメリットです。さらに、掃除と一緒に衣替えなどクローゼットの整理や部屋の模様替えをして、いらなくなった物を処分すれば、部屋がすっきりして気持ちも一新されます。

    春といえば、ガレージセールのシーズンでもあります。アメリカで春にガレージセールが多いのは、スプリング・クリーニングをした後、着なくなった服や不用になった物をお金に換えるためです。最近はネットで売買する人が増えたので、ガレージセールをする家が少なくなりましたが、週末にガレージセールの看板を見かけたら、特に欲しいものがなくても、立ち寄ってみると面白いです。皆さんも、メリットいっぱいのスプリング・クリーニングをして、着なくなった服や使わなくなった物を売ってみてはいかがですか。日本人会のウェブサイトには、会員専用のガレージセールのコーナーがありますので、ぜひご利用ください。